仙台市太白区茂庭の歯医者、もにわファミリー歯科クリニックです。

仙台市太白区茂庭の歯医者 もにわファミリー歯科クリニック

一般歯科
Dental treatment

虫歯とは

虫歯とは
虫歯は原因菌が酸を出し、歯を溶かすことで起きる病気です。一般的に、甘いものをよく食べる人ほど虫歯になるイメージをお持ちだと思いますが、その他にも様々な原因があり、
  • 食事の回数
  • 歯並び
  • 唾液の量
  • 歯磨きなどのセルフケア
などが挙げられます。
治療後もこのような虫歯のリスクを減らしていくことで、長く健康な状態を維持していきましょう。

虫歯になりやすい場所

虫歯になりやすい場所は、 歯と歯の間、歯の根元、詰め物と歯の接着部の3箇所です。

歯と歯の間や根元は歯垢がつきやすく虫歯になりやすい場所です。特に歯の根元は、加齢によって歯ぐきが下がって露出してしまうと、酸に弱いため虫歯になりやすくなります。
また、詰め物がすり減ったり、剥がれたり、膨張したりすることで、詰め物と歯の間に隙間が生じると歯垢が溜まって虫歯になるおそれがあります。

虫歯になりやすい生活習慣と口内環境

生活習慣の乱れと口内環境の悪化によって、虫歯になりやすくなると言われています。

以下に虫歯になりやすい代表的な生活習慣と口内環境を示します。
当てはまる数が多いほど虫歯になる可能性が高くなります。

これらに1つでも当てはまる場合は、虫歯の早期発見のために治療後も3か月~6か月に1回程度の歯科検診をおすすめします。

生活習慣

● 歯磨きは1日1回以下
歯にプラークがたまりやすくなり、虫歯の原因菌の増殖を招きます。

●甘いものをよく食べる
虫歯の原因菌は糖分を分解して酸を作るため、歯を溶かして虫歯になりやすくなります。

●間食が多い
虫歯の原因菌が出した酸を唾液が中和する時間が短くなり、虫歯になりやすくなります。

●しばらく歯科に行っていない
初期段階の虫歯は痛みがないため、虫歯になっていても気付かないことがあります。

口内環境

● 口の中がよく乾く
殺菌作用のある唾液が不足しているため、虫歯の原因菌が住みつきやすくなります。血圧を下げる薬などを服用している場合、副作用で口の中が渇くこともあるため注意が必要です。

● 歯並びが悪い
歯並びがデコボコしていると、みがき残しが多くなるため、虫歯になりやすくなります。

● 歯周病がある
歯周病が進行して歯茎が下がると歯と歯の間に隙間ができてしまうため、そこにプラーク(歯垢)が溜まりやすくなります。また、酸に弱い歯の根元まで露出してしまうと虫歯になりやすくなります。

● 被せ物や詰め物が多い
詰め物と歯の間に隙間ができてしまうと、虫歯になりやすくなります。また、詰め物の内側に虫歯ができると、表面からは分かりにくいため注意が必要です。

大人の虫歯は治療した歯が原因

サンプル画像
大人の虫歯は、過去に治療した箇所から再発していることが多く見受けられます。

虫歯の治療では、歯を部分的に削って詰め物や被せ物をします。治療から長い年数をかむことによる負荷や、熱い物や冷たい物など温度の変化により、金属が膨張や収縮を繰り返すことで、詰め物や被せ物が変形します。

すると、歯と詰め物やかぶせ物の間に隙間ができ、そこにプラーク(歯垢)が溜まります。そして、プラークの中にいる虫歯の原因菌により虫歯が再発します。この場合表面からは見えにくく、気づきにくいため、進行しやすいのが特徴です。

歯を削っている分、神経に近い場所で再発することが多く、痛みを感じて受診したときには神経まで菌が入り込んでいることも少なくありません。また、歯の詰め物や被せ物には寿命があるため、必要に応じて歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

歯科での定期検査

歯は、どんなに丁寧に磨いても、本当に磨けているかどうかは自分で確認することができません。そこで重要になるのが歯科での定期検診です。定期検診では、虫歯の有無の確認、歯周病の検査、歯石の除去などが行われます。
また、正しい歯磨きの仕方や生活習慣の改善についてのアドバイスもしています。日常のセルフケアで歯垢をしっかり除去できれば、歯石も溜まらず虫歯や歯周病を防ぐことができます。

虫歯の有無の確認

歯科医が歯の状態を見て調べる視診を行い、必要に応じて歯のエックス線検査を行います。

歯周病の検査

歯周ポケットの測定と歯石やプラークのチェックを行います。

歯石の除去

歯石は、古くなった歯垢に唾液のミネラルが沈着して硬くなったものです。歯石になってしまうと歯磨きでは除去できないため、歯科医院で取り除く必要があります。

初期の虫歯に対する治療法

初期の段階であれば、虫歯は削らずに治療することができます。放っておくと、重度の虫歯に発展してしまうこともあるため、生活習慣の改善とフッ素を塗ることで虫歯の進行を抑えることができます。

虫歯の進行

C0(要観察歯)

C0(要観察歯)
初期虫歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。
まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくと虫歯に進行してしまいます。
歯に穴は開いておらず、痛みなどの症状はありません。

C1

C1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。
痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、穴の開いた部分が茶色又は黒色に変色します。

C2

C2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度の虫歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
この段階まで進行した虫歯は一気に進行が広がるので注意が必要です。

C3

C3
虫歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した状態です。
炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
状態によっては治療期間も長引きます。

C4

C4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。
このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、炎症がまわりに広がっていきます。

進行度に合わせた虫歯の治療

歯は再生しにくい組織なので、できるだけ削らずに歯を保持することが現在の虫歯治療の基本です。歯磨きの指導とともに、虫歯の進行度合いに合わせた治療が行われます。虫歯が進行していて、歯を削る必要がある場合は、以下のような治療を行います。

ブラッシング指導やフッ素塗布(Ce)

ブラッシング指導やフッ素塗布(Ce)
虫歯の治療と予防の基本が歯磨きです。歯ブラシの当て方や動かし方、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方などの指導とフッ素塗布を行います。

虫歯を削る → 詰め物(C1~C2)

虫歯を削る → 詰め物(C1~C2)
虫歯の部分を削って詰める治療です。銀歯で詰める場合や、白い詰め物を使用する場合もあるのでご相談ください。

神経を取る → 被せ物(C3)

神経を取る → 被せ物(C3)
虫歯が歯の神経まで到達している場合に行います。神経を取ったあと、被せ物を着けます。

抜歯 → ブリッジ・入れ歯・インプラント(C4)

抜歯 → ブリッジ・入れ歯・インプラント(C4)
抜歯した後に行う治療としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。それぞれ長所、短所がありますので、よく説明を聞いて、理解したうえで選ぶことが大切です。

自分でできる毎日の虫歯ケア

虫歯の予防には定期検診だけではなく、日常的なセルフケアが何よりも重要です。正しい歯磨きや食の嗜好を見直し、食べ方を改善すること。そして定期的な検診を心がけましょう。

セルフケアのポイント

正しい歯磨きで虫歯の原因となるプラークをしっかり落とすことが大切です。歯の隙間にはフロスや歯間ブラシも使いましょう。フッ素入りの歯磨き粉やうがい薬を使うのもおすすめです。

生活習慣の改善ポイント

甘い物や酸性のものが好きな人はだらだら食べないように気をつけましょう。甘い物はもちろん、酸性の物も歯を直接溶かしてしまうため、虫歯になりやすくなります。

甘い物や酸性の物を口の中に含んでいると歯が溶けやすくなるため、間食を減らす必要があります。また、食べた後にブラッシングを行うことも虫歯予防に効果的です。

親知らずが引き起こす影響

親知らずが身体や口腔内に悪影響を出すのは、「水平埋伏智歯」と呼ばれる親知らずが真横を向いて埋まっているときです。
真横に向かって生えている親知らずは、隣の歯をグイグイと押すため、その状態が長引くと顎関節症など顎の痛みの原因になったり、別の歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。
また、斜めを向いて親知らずの先端が少しだけ顔を出した「半埋伏」の場合などは、隣の歯に接触している部分に汚れがたまりやすく清掃も困難なため、高い確率で虫歯になってしまいます。
その場合は、隣の7番目の歯の隣接面も虫歯になる可能性が高いので注意が必要です。

親知らずは抜歯が必要?

親知らずの生え方が悪いと、歯磨きが難しく将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。
また、正常な歯も虫歯にしてしまう可能性があるので、その前に抜歯をすることをオススメしています。
親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合も、腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因となってしまったり、親知らずが生えてくることによって歯並びが悪くなってしまうこともあります。

親知らずが少し出ている場合

親知らずが少し出ている場合
歯みがきが届きにくく親知らずや隣の歯が虫歯になりやすくなります。
化膿すると痛みや口臭の原因にもなります。

親知らずが歯茎の中に埋没している場合

親知らずが歯茎の中に埋没している場合
歯ぐきの中に埋まっている親知らずが、隣の歯を押して痛みや炎症を引き起こしたりする事があります。